手汗 脇汗 止める

手汗の原因別の対処法を紹介

手汗

手汗や脇汗で悩む方は大勢いらっしゃいます。

そんな中、今回は手汗に関しての対処法をご紹介します。

 

手汗がひどい人になるとビンのフタが開けられなかったり、お菓子の袋やシャンプーの詰替用の袋が開けづらかったりして困ってしまいます。

 

また、人と握手をした時に不快な思いをさせてしまうのではないかとか、電車のつり革を汗で汚してしまうかもと、他の人に気を使ってしまうのもとても辛いと思います。

 

手汗の症状が軽い人でも、パソコンのキーボードが汚れたりスマホがベタベタになってしまうなど、日常でストレスになることも多いと思います。

 

どうして手汗がでてしまうのか、その原因と解消法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

緊張による手汗

 

人前でスピーチをしたり歌を歌ったりする機会があると、
緊張してしまい汗が大量にでてしまうという状況は体験したことがある人もいると思います。

 

人は精神的発汗といって緊張すると汗をかいてしまうことがあります。
また、緊張すると体温が上がってしまい、高くなった体温を下げるために手汗をたくさんかいてしまうということもあるんです。

 

緊張によって手汗をかいてしまう人は気持ちをリラックスさせるようにすると手汗を抑えることができます。例えば温かいハーブティーを飲んだり、部屋にアロマの香りのするものを置いてみるのも良いです。

 

どうしても緊張してしまう時は自分の好きな香りがするものを常に持ち歩いて、手汗をかきそうなときに嗅ぐとリラックスできるのでやってみてください。

 

 

ストレスによる手汗

 

ストレスや不安を感じると交感神経が敏感になって手汗をたくさんかいてしまうことがあります。そんな時は合谷(ごうこく)という手の人差し指と親指の間にあるツボを押すのが効果的です。
どんな時でも簡単にできるのでやってみてください。

 

 

肥満による手汗

 

肥満と手汗は一見関係がないように思えますが、肥満になるとホルモンバランスが崩れたり、ストレスの時と同じように交感神経が敏感になりやすく、手汗をかきやすいという状態になってしまいます。

 

また、運動不足や猫背などの姿勢が悪くても手汗をかいてしまう原因になるので、肥満で手汗をかいてしまう人は毎日軽い運動と背筋を伸ばすことを意識してみてください。

 

 

手汗と一言で言っても原因はさまざまです、自分の手汗の原因を知って対処するようにしてみてください。また、最近では手汗を抑えるようなデオドラントも販売されています。

 

特に手汗で悩む方がこぞって選ばれているのが、手汗 抑えるサイトで紹介されているデオドラントです。パウダー系の制汗剤ですので、場所や環境を問わずいつでも使用できて、かなり効果的だと口コミでも話題になっています。

 

そういったアイテムを使うことによって、手汗を抑えることもお勧めします。

 

 

汗というものは、意識すればするほど出てくるものだと思います。
その代表的な汗が”手汗”ではないでしょうか。

 

個人差はあると思いますが、私の場合は日常生活を手汗が困難にするこというほどのことはありません。しかし、緊張したときや、手汗が出ているかもしれないと考えてしまったときには、もう止めることはできないほど手汗が出てしまっています。

 

例えば、学生時代のテストのときです。
テスト中は無意識に緊張しているのでしょう。

 

気づくとテスト用紙が手汗でぬれていて、鉛筆で回答したはずなのに消しゴムで消せなくなってしまったり、未回答の欄もぬれているため書くときに紙が破れてしまったりしていました。
また鉛筆を持つ手も手汗が出ているため、つるつる滑ってとても書きにくかったです。

 

そして、その紙についた手汗がかわくとテスト用紙がパリパリになってしまい、私のテスト用紙だけしわができてしまっていて、他の生徒のきれいなテスト用紙をうらやましく思うこともありました。

 

また、別の例としましては、握手をするときや手をつなぐときなど、手汗が出たら嫌だなと考えると手汗が出てしまうことです。何も考える余裕もなく、ぱっと握手をする機会があるときなどは何の問題もないのですが、列に並んでいてだんだん私に握手の番が回ってくるといったシチュエーションでは手汗が出てしまいます。

 

対処法としましては、テスト中などは、常にハンドタオルを手元に置いておくことです。
テスト用紙に手をつけるときにはタオルに手を置いて、そのままタオルごと紙にのせ、おさえるようにしていました。

 

この時薄いハンカチでは汗が染みこんでしまうこともあるので、分厚いハンドタオルを使うようにしていました。

 

鉛筆を持つ方の手も頻繁にタオルで汗を拭きとるようにしていました。
また、握手や手をつなぐときなどもタオルはいい役目を担ってくれることもあります。

 

しかし汗を拭くことには限界があって、特に長時間手をつなぐこともあるデートなどでは、意識すればするほど手汗は出てくるのです。

 

緊張が主な原因だとは思うので、緊張しないことが一番だとは思いますが、手に意識を向けずに他のこと(もしくは、手以外の部位など)に意識を向けるということも一つの解決策になるのではないかなと思います。

 

 

現在の日本では臭いに対して敏感になってきております。
特に若者を中心ではありますが、お子様がいる家庭では父親は体臭に気をつけなければなりません。ですが最近の臭いに対するニーズを受けて各メーカーは様々な商品を開発し出してきております。

 

まず男性と女性で臭いに関する所は分かれてきますが、男性の臭いはきついため対策が必要です。特に加齢臭とわきがは早急の対策が必要です。

 

 

ではどうして対策を行っていくのか?

 

加齢臭はミドル臭とも呼ばれており、加齢臭対策のシャンプーやボディソープもあります。
中でもマンダムのルシード臭いに対して効果が高く、是非お試しいただきたい商品です。

 

またルシードは今秋新製品も発売されるためより一層商品価値があるものとなります。
ミドル臭とは別でわきがの臭いに悩みがある方も多くいらっしゃるかと思います。

 

わきがの臭いはすぐ消すことが難しい臭いです。現在は手術もありますが、効果は人それぞれとなります。そこで男性臭に強いマンダム製品で解決できればと思います。

 

またマンダムと思う方もいらっしゃる方が多いとは思いますが、マンダムは男性に関する臭いにおいては非常に研究しているメーカーです。そのマンダムのギャッツビーデオドラントロールオンがわきがの臭いに非常に効果があります。

 

朝出かける前に塗って、臭いが気になる方は随時ボディーシートで汗を拭き取りましょう。
常に清潔に保つことが臭いを抑えることへと繋がります。
また日々の生活習慣においても臭いは改善することができます。

 

食生活を変えることが一番だと言われています。中でも臭いのきつい食べ物は控えることが重要です。納豆やニンニク、ニラなど臭いがする食品を控えることで体内の分泌物にも変化が現れ、臭いも変わる仕組みとなります。

 

これから夏に向けて汗を多くかく時期となりますが、対策を考えて行動しなければなりません。
臭いがきついと感じている方も少しでも臭いを抑えて、快適な夏を過ごしていきましょう。

 

 

 

臭いは意識しなくても自然と鼻に入ってくるものです。
良い臭いは人を幸せな気持ちにしてくれたり、時に不快な気持ちにもなったりするものです。

 

まず不快な臭いには2パターンあるものだと思った方がいいのではないかと思います。

 

 

一つ目は汗くさい臭いです。

 

これは自覚のあるものだと思うので、自分の努力次第だと思います。
出かける前に良い匂いのするデオドラントスプレーをしたり、
シャワーをして身体を綺麗な状態にしてから外に出るといった努力があると思います。

 

そして出かけた時に汗をかいた時にも、汗を拭くシートで綺麗に脇を拭いたり
ボディータオルで気になる部分を拭いたりできるので常備すると安心かなと思います。

 

例えば電車の中で吊革を掴んで立っています、その横に来た人が汗臭い人だったら嫌だと思うんです。
不快な気持ちになると思うんです。でもそれを反面教師として、せめて自分自身はなるべく綺麗な状態でいようと心掛ける気持ちが大事です。

 

 

不快な臭いの二つ目はワキガです。

これは自分だと気づかないと言いますね…。
なので自分自身ではなかなか対策は出来ないと思います。

 

ワキガの方がいるとそのスペースに臭いが充満してしまうので、どうしようもありません。
やはりワキガの方には手術をして臭いを除去するという方法が一番有効ではないかなと思います。

 

ワキガだと認識出来る人はなかなかいないと思うので、なるべく近い存在の方が伝えるべきです。伝える事で相手を傷つけるかもしれないと思うかもしれません。

 

ですが、この先の人生ずっと付き合うのであれば臭いの事は伝えるべきだと思います。
ワキガの人が悪いのではありません。悪いのは臭いなんです。
手術一つで治るのであれば喜んで伝えるべきなんです。

 

もしも、自分の好きな人が臭いのキツイ部分があったらどうでしょうか、臭い以外は何も文句はないんです。
この先の人生もしかしたら長くなるかもしれない、臭いさえ無ければ、そう思うはずです。

 

努力でカバーできる汗の臭いと手術でカバーするワキガの臭い、どちらもなんとかなるんです。

 

 

 

現在、「スメルハラスメント」として社会問題にもなっている、脇や手足の汗の臭い。
本人に「臭っている」という自覚がなくても、周囲の人間にとっては大きなストレスになっている可能性があります。

 

全身の中で、特に臭いやすいといわれているのが脇汗です。
脇汗の臭いの強さは人によって異なりますが、食生活や生活習慣によって強い悪臭を放つ場合があるため、デオドラント製品を使っても脇汗が臭う場合には、このような生活習慣の改善をしなくては根本的な解決にはなりません。

 

一般的に、体臭が強い人は、肉を中心とした食事や、ジャンクフードを頻繁に食べる傾向があると言われています。
このような高脂肪・高タンパクの食事ばかりをしていると、体内で食べ物を消化する時に体温が急激に上昇し、たくさんの汗をかいてします。

 

汗をかくと、脇の汗腺に雑菌が繁殖しやすくなるので、臭いを放つ原因になってしまうのです。
そのため、高脂肪・高タンパクの食事を野菜や豆腐などのヘルシーな植物性のタンパク質中心の食事にシフトするだけで、体温の上昇による汗を防ぐことができ、脇汗の臭いを抑えることが出来ます。

 

一方で、脇毛の処理をしていない男性は、処理をしている女性に比べて脇汗が臭いやすいとも言われています。
男性が脇毛を処理するなんておかしい!と思う方もいるかもしれませんが、脇毛の処理をしている男性に対して以外にも女性は好意的。

 

脇汗が臭う男性よりも、脇毛の処理をして体臭対策をしている男性の方が好意を持たれやすいのです。
もし脇毛の処理をしても脇汗の臭いが改善しないというなら、普段の生活の中に運動をする習慣を取り入れましょう。

 

毎日トレーニングを行うアスリート達は、日頃からたくさんの汗をかいているため、体臭が無臭である人がほとんど。

 

これは、頻繁に汗を流すことで、汗腺や脇周辺の雑菌が繁殖しにくくなるためです。

 

運動不足であればあるほど体臭が強くなってしまうので、適度な運動を心がければ汗の臭い自体が薄くなって脇汗の臭いが改善される場合もあります。

 

自分だけではなく周囲にも被害をもたらす脇汗の臭い、自分にあったケア方法で、少しづつ改善していく事が大切です。